SAKURAKO BLOG

日々の徒然

準備期間。

KUNIO13「夏の夜の夢」稽古開始までの準備期間はシェイクスピア尽くしの日々。 はじめてのシェイクスピア劇出演。そして、ずっと憧れていたハーミア役。気持ちが高ぶらずにはいられない日々ですが、何度も何度も読んだこの戯曲を今一度冷静に、多角的に読んでみよう・・・と思い、今までに出版されている様々な訳版、映画作品、バレエ、オペラ、ミュージカルなど夏の夜の夢に関連する作品を順番に見て読んで聴いているところです。 戯曲読解という意味では、まずは机上の勉強から始めています。シェイクスピア作品は何と言っても、修飾語の多さが特徴的で、詩的で美しい言葉が宝石のように散りばめられています。この美しい装飾に目を奪われて本質を見失ってしまわないように、まずは全ての修飾語を除いて、シンプルに起こった事実のみを書き並べてく。すると、幹が見えてきました。まだこの作品が物語として完成する前段階、プロット段階でシェイクスピアは何を思い描いていたのかなあ・・・何てことをボーッと空想してみる。そんな贅沢な時間を過ごしながら、メンデルスゾーン作曲「真夏の夜の夢」Op.61スケルツォを聴いています。この曲を聴くと私は、小学生の頃のバレエの発表会を思い出します。妖精役。柔らかな羽のついた可愛らしい衣装を想像し、ワクワクしながら衣装合わせへ向かうと、そこには焦げ茶色の全身タイツが!!!衝撃的でした。何度も何度も名前のタグを確認したのを覚えています。なんで!?なんで全身タイツ!?可愛くない!!!ショックのあまり本番の日もこの衣装だけは手に取る時、気持ちが重たかったなぁ・・・笑 当時の私は”妖精”という言葉の響きから、また様

SAKURAKO MIZUKI OFFICIAL WEB SITE

© 2017 Sakurako Mizuki Official Site