SAKURAKO BLOG

日々の徒然

「カワサキ ロミオ&ジュリエット」終演

舞台「カワサキ ロミオ&ジュリエット」終演いたしました。ご観劇下さいましたみなさま、お世話になりましたみなさま、本当にありがとうございました。 シェイクスピア戯曲の中でも「ロミオ&ジュリエット」は、もう何度読み返したかわからないほどに大好きな作品で、ジュリエット役を演じるというのは私自身の密かな目標でもありました。ジュリエット役に必要な要素は何だろうと考えた時に『若さ・強靭な精神力・人を深く愛する才能』ではないかなと思い、この三つを常に念頭において役を作りました。 直情的でコロコロと感情が変化していく瞬発性。 感情に負けず、自分の足で道を切り開いていく、力強さ。 自身が発した言葉に感化され、世界が広がっていく逞しい想像力。 周囲の反対や負荷をエネルギーに変えて、一途にロミオを愛しぬいた少女。 あまりにも魅力的で、生命の輝きを放つジュリエットという少女を自分が演じるにあたって、まずは自分とジュリエットの相違点をあげていきました。年齢、家庭環境、物事の捉え方、好みのタイプ(笑)・・・あまりにも数が多すぎて・・・ここまで違うならば、自分にとって理想的な、自分が観たいと思うジュリエット像を一から作ってやる〜!とやる気満々で、臨みました。 二人が想いを確かめ合い、恋が愛に色づいていく、バルコニーシーン。ただ「好き」という想いを詩的な言葉で紡ぎあい、互いの言葉選びの感性にも惚れてしまう、なんともロマンチックで情熱的なシーン。エネルギーと勢いで、ごまかしてしまうにはあまりにももったいない。どうすればこの美しく豊かな感性を持った二人が出逢えるのか・・・今回の上演台本でカットしてしまった言葉の部

SAKURAKO MIZUKI OFFICIAL WEB SITE

© 2017 Sakurako Mizuki Official Site