SAKURAKO BLOG

日々の徒然

星降る夜に出掛けよう。

今日は月一開催の戯曲会。 お題は、「天保十二年のシェイクスピア」の予定だったのだけれど、色々あり 急遽「お月様へようこそ」を読むことに。 抜粋して稽古をしたことはあったものの 全篇通して読むのは、はじめて。 パトリックシャンリーが後書に、6編の戯曲は掲載順に上演する事が好ましいとわざわざ記しているならば、きっと意味があるのだろう!とその通りに読み、時間があったので配役を変えたり、男女を入れ替えてみたり・・・と様々な試みで読んでみる。 すると、たった一度読んだだけでは見えてこなかった景色が広がり始めて、感嘆しながら喜びを分かち合う素敵な会になりました。 ほとんどの戯曲が2〜5人の少人数で構成される短編集なので、構成もシンプルだしわかりやすい。だからこそ、人を入れ替えてみる事で見えてくる変化が顕著で面白い。 こういう試みは、上演が前提の稽古や読み合わせではなかなか出来ないし、フラットに読む事すらも難しかったりするので、戯曲会ならではの時間だなぁ、なんて思いつつ・・・ 「お月様へようこそ」はジョン・パトリック・シャンリーが1982年に発表した ・赤いコート ・どん底 ・星降る夜に出掛けよう ・西部劇 ・喜びの孤独な衝動 ・お月様へようこそ 以上、六編からなる短編戯曲集。 私は、星降る夜に出掛けようがとても好きで、この作品を読みたい一心で今日の戯曲会のテーマに猛プッシュしました。 星降る〜の内容をざっくり説明すると、 友人と上辺の付き合いを繰り返すことにうんざりしている女が、ある日、バーで人形相手に言いたいことをぶちまけていたところ、ドストエフスキー似の男が目に入り、とてつもなく気にな

セルフィー

ちらり。 「Selfie : 自撮り」・・・カメラを自分自身に向け、手持ち撮影すること(広辞苑) 写真を掲載するSNSに 自撮りを多く載せている人と 他撮りを多く載せている人とでは 他人から見た好感度が大きく違ってくる、のだそう。勿論、他撮り写真が多い人のほうが好感度は高い。 セルフィーって世界が閉じてる印象だからかな。誰かに撮ってもらっている写真は、撮影者と被写体の精神的な距離感がよく見える。 とくに、撮影者もしくは被写体が相手に恋してるなこれ...って写真は見てるこっちもドキドキする。色んなことを想像させてくれる余地があるのは、他撮りなのかな。そんなことを考えながら、自撮りを載せてみます。 ロンドンで観た写真展で とてつもなく印象的な作品がありました。 顔中痣だらけで眼光の鋭い女性が撮ったセルフィー写真。 説明書を読んでみると、今まさに暴力を受けたばかりの状態で記録用に撮ったものだそう。 あぁ、この瞬間の表情はセルフィーでなければ撮れないなって感じた瞬間でした。 そのセルフィー写真を皮切りに連なって行く 向こう何年間かに渡る彼女を映した写真たち。 とても同一人物とは思えない程に変化していく容貌。 彼女の数奇に満ちた人生の片鱗を見た気がして 胸のざわめきが数時間止まらなかった。 写真って、すごいな。 って素直に感動した瞬間でした。 時々、自分で自分という人間を見失いそうになる事があって そういう恐怖を感じた時には、 セルフィを撮って誰に見せるでもなく眺めてみる。 そんな謎の時間を過ごしています。笑 冷静に自分を眺めるって、結構面白いものです。 写真って嘘がつけないので。

深掘りしたい、本。

おはようございます。 ブログの更新頻度をあげたいなってずっと思っていて、時間のある今こそあげられる時ではないか!と気が付いたので、今日も更新します。笑 最近の私は、とにかくずっと本を読んでいる。以前はネットで検索して得る情報を頼りにしがちだったのだけれど、あまりにも情報量が多すぎるのと、ついつい気がそれて関係ない情報に寄り道ばかりして、時間を浪費しがちだったので、紙の本に立ち返ろうと思いまして・・・ 一つのテーマに沿って深掘りしていくような読み方をする本は現状、地政学と歴史や戦争についての本ばかりなので、少し頭が疲れてしまいがち。疲れて何か気を紛らわしたくなった時は、ファッション雑誌や家電の比較記事や思考整理術の本など多ジャンルに渡って乱読しています。こうして読書で疲れて、読書に癒される、という本漬けの日々。幸せな生活ですね。笑 地政学って、あまりちゃんと勉強したことがなくて、何から手をつけたら良いか正直わからなかった。いきなりハートランドの戦略論!なんて読んだところで、頭に?が並んで終了するだけ。まずは入門書からだな、とamazonのオススメ本を片っ端から注文。到着までの間に別の本でも探しにいくか・・・あ、その前におやつ買いに行こ・・・なんてコンビニへふらりと向かうと、普段はあまり立ち止まらない書籍コーナーに目がいく。一番目立つ棚の最前列に何冊も並ぶ「図解 いちばんやさしい地政学の本」!!!!!運命なのか!?という衝撃を受け、そのまま購入し読んでみる。めっちゃくちゃわかりやすいではないか!!!小学生でも理解できるよ!!これは、良い!深掘りしたい方には物足りないかもしれないけれ

涼しいカフェでのんびり読書、即ち天国。

最近は、と言ってもやはりお芝居のことばかり考えている日々ですが、繊細に生きる ということについて、つらつらと考えています。 健康面という意味では、ちょうど身体の変革期にいる気がします。ちょっと無理しても問題ない!時期は確実に終わるのだと痛感させられている今日この頃。それでもまだまだちゃんとメンテナンスとトレーニングをしていれば、無理が効く年齢。 今年もやっぱり、私らしくエネルギッシュに全力疾走で駆け抜けたいので・・・ 心と体と対話しながら、残りの4ヶ月を大切に完走したいです。 タイトルに戻ります。 読書ですね、そう、読書。 最近は、TheVanity's新作用の資料とその時に読みたい本を合わせて3〜5冊程度常にカバンに入れている状態なので、とても肩が凝る。笑 暦の上では秋 とはいえ、まだまだ日中は暑い日が続く9月上旬。 雰囲気の良い涼しげなカフェを見つけるやいなや、ものすごいスピードで店内に入ってしまいます。 行き付けのカフェ とか 行き付けのバー とか・・・ ”行き付け”って言葉は、なんだか大人の扉を叩いているような不思議な感覚になれる魔法の言葉。そんな魔法の言葉を私も使ってみたいなぁと思って、最近は気に入ったお店へは、なるべく短いスパンで通ってみるように心がけている真っ最中。しかし、どうしても新しい場所への興味を捨てきれない煩悩まみれの私は本日早速浮気をしてしまいました。。。 前々から行ってみたいと思っていたパンケーキ専門店「花キャベツ」 ”自由が丘というお洒落タウンに長年根を下ろしている身ではありますが、数年前に起きた空前のパンケーキブームに乗って改装なんてしませんでした

SAKURAKO MIZUKI OFFICIAL WEB SITE

© 2017 Sakurako Mizuki Official Site