舞台「美しいひと」終演


昨日、舞台「美しいひと」終演いたしました。桑田希美という感性の鋭い女性を演じさせて頂きました。戸田さんが稽古初日からずっとおっしゃっていた「手紙を口語で演劇にする」ということの意味と可能性を考え続けた一ヶ月。小説でもなく、映画でもなく、舞台でこの作品をやることの意義は何なのか。きっと、この作品を映画やアニメーションで描くと、大変美しい画が見られるのだろうなぁと感じながら、演劇という舞台空間の中で、お客様の想像力を掻き立てるような存在の仕方を研究しました。常々、生の舞台の醍醐味は目の前で俳優が肌感覚で伝わってくるエネルギーを発している瞬間を、客席から体感できる事にあるなあと感じています。勿論、他にも沢山、舞台の魅力はありますが。そんな肌感覚で伝わってくるエネルギーというのは、決して大声で叫ぶとか、泣いているとかそんな事ではない内圧のエネルギー量の差だなぁと感じていて、感じるのは簡単だけれど、自身が体現しなければならない状況において、正解が見えなくなることなんて多々で、まだまだこれからだなあ...と反省することばかりですが、それでも観て下さった方が何かを感じてくださっている瞬間を目の当たりにすると、もう一歩先の表現を追い求めよう!という気持ちになります。

気持ちの話ばっかりですね...

舞台「美しいひと」ご観劇くださいました皆様、誠にありがとうございました!!


SAKURAKO MIZUKI OFFICIAL WEB SITE

© 2017 Sakurako Mizuki Official Site